コンサル案件紹介ご登録者特典・無料レポート進呈

ご登録者特典・無料レポート進呈

コンサルタントとしてのレベルをレポートに

free_dl_img

フリーコンサルタントの各レベル想定年収イメージ

コンサルタントの想定年収

フリーコンサルタントといっても様々な専門分野があり、またプロジェクトごとに企業から求められるコンサルティング能力も異なります。そのため、一概には「レベル分け」というものは難しいのですが、提供するコンサルティングサービスの対価という意味で、レベル分けをすることができます(コンサルタントに対して支払われる報酬)。

< フリーコンサルタントのの各レベル想定年収イメージ >
LV5:年収想定 3,000 万円
LV4:年収想定 2,500 万円
LV3:年収想定 2,000 万円
LV2:年収想定 1,500 万円
LV1:年収想定 1,000 万円

レポートでは、このレベルを踏まえて、生涯年収を最大化するポイントを見ていきます。

フリーコンサルタントとしての「旬(しゅん)」として活躍できる期間は?

コンサルタントの旬を知る

クライアント企業とフリーコンサルタントの希望する条件がマッチングする時期は、およそ20代後半から40代後半までと比較的短い期間に限られています。このピーク時期「旬」と市場ニーズを知っておくことで今後のフリーコンサルタントとしての動き方が変わってきます。生涯年収を最大化しているコンサルタントは、この「旬」を踏まえて、仕事と人生の生涯設計を考えています。

レポートでは、その期間の中でもコンサルタントとして「旬」となる期間はどこか、また、「旬」をどのように認識しておくべきか、をお伝えしています。

「市場評価係数」と「アイドルタイム係数」の関係

フリーコンサルタントの市場評価とアイドルタイム

レポートでは、「市場評価係数」「アイドルタイム係数」の関係を見ながら、生涯年収を最大化できるポイントをお伝えしています。 まず、「市場評価係数」ですが、企業から求められる人材であり、評価される人材であることが必要で、ここには実際上のニーズとしてどうしても年齢的な内容も含まれてきてしまいます。この年齢に対しての市場における評価を加味して係数として設定したものを「市場評価係数」と定義しています。

また、フリーコンサルタントには、プロジェクトに参画している時期と、プロジェクトとプロジェクトとの間の無作業期間の2つの時期があります。後者の期間が短ければ、ご自身の稼働率を高め年収を最大化することができます。この後者の時期を「アイドルタイム(無作業時間)」と定義し、年齢に対して見込まれるアイドルタイムの発生を係数として設定したものを「アイドルタイム係数」と定義しています。

レポートでは、フリーコンサルタントの現在のレベル、年齢と、これらの係数との関係性を見ることによって、フリーコンサルタントとして活躍できる期間を見極め、今後最適な選択をすることができるような視点をお伝えしています。

フリーコンサルタントのキャリアストーリー

フリーコンサルタントには、当然、定年がありません。しかしながら、ご自身の経験・スキルや年齢などから、企業から求められる時期がピークを過ぎてしまうと、そこからプロジェクトに参画できる期間は、一般的に減少していきます。

レポートでは、そのような場合を見据えて、今後どのように道を選んでいくことが生涯年収を最大化するために最適なのか、をお伝えしています。