面接対策

そもそも、面接は何のためにあるのか、どのような要件が求められているかについて整理していきましょう。

面接でまずクリアしなければいけないのは、採用側企業から見て「この候補者と一緒に働きたいと思えるか?」ということです。

面接で重要なのは「ありのままの自分を見せること」ではなく「自分の価値や魅力を正確に伝える」ことです。ご自身が採用側にとって価値がある人材であると評価してもらう必要があるのです。

したがって、どのようにすれば自分の価値が伝わるかというゴールから逆算して、面接対策を行う必要があります。

また、コンサル転職であれば当然クライアントに対してフロントに立つことになります。フロントに立たせることが出来るかどうかという観点でも見られていることは言うまでもありません。

一方、面接は求職者が評価されるだけの場ではなく、求職者と採用側の擦り合わせの場でもあります。

求職者としての立場では、面接官から一方的にチェックを受けるという感覚に陥りがちですが、「自分が本当に働きたいと思えるか?」という観点に立ち、採用側企業を見極める場としても、面接を活用していくとよいでしょう。

面接対策

受けるコンサルティングファームの情報を調べることが面接対策の第一歩です。

各ファームのコーポレートサイトの採用情報ページで、求める人物像や面接のポイントなどを明記している場合もあります。

コンサルティングファームで大切にしている価値は何か、企業ごとの風土や哲学などを読み取ることで、ご自身との接点を探ることが出来ます。

また、社員紹介のページに、現在実際に活躍しているコンサルタントへのインタビューが掲載されている場合があります。転職後に一緒に働くことになる人たちが、どのような思いや価値観の下で働いているのかを知るヒントになります。

コンサルティングファームが外部に伝えたいメッセージを、登場する社員の声を借りて発信しているという側面もあるので、何に重きを置いている方が多いのかを読み取りながら、ご自身がチームのメンバーとして参画する姿をシミュレーションしてみるのもよいでしょう。

リサーチするのは志望するコンサルティングファームだけではありません。

自分自身の人材としての価値についても分析をし、情報を整理する必要があります。

エントリーする前に、書類選考に備えて、自分のスキルや経験、成果について情報を整理して書類を作成しました。

今度は面接において、面接官からの質問に対する回答という形で、ご自身についてアウトプットすることになります。想定される質問と、それに対する回答は事前によく練り上げておき、実際に練習してみましょう。

自分の価値や魅力、経歴や成果は同じでも、限られた面接時間の中では、その伝え方次第で印象は大きく変わります。ありのままの自分を、ありのままの方法でさらけ出すのではなく、面接官の目にはどう映るのかを意識して表現する必要があります。

コンサルタントであれば、伝えるべき価値が伝わるようにプレゼンをするのは日常業務のうちです。

面接もプレゼンと同じく、自分自身についてよく理解してもらい、内定を得るに値する人材であると知ってもらうためのコミュニケーションと捉え、十分な対策を行いましょう。

面接で表現する際は、話の冒頭で結論を簡潔に語り、次に、経験したことや実績といった具体的なエピソードを交えて肉付けする話し方をすると、相手に伝わりやすく好印象です。(コンサルタントのプレゼンの技法と共通するところがあります)

実績を表現する際は、具体的な数字に置き換えて定量的に伝えるようにしましょう。そうすることで自分の成果が客観的に見ても優れたものであることが分かりやすくなります。そもそも定量的な裏付けをもって提案を行うのは、コンサルタントにとっての基本です。

話す内容も、具体的なエピソードを漫然と時系列で述べるだけではなく、「ある状況における課題→課題に対する自らの行動→その結果や成果」という、before/afterが伝わりやすい論理構成にしましょう。

コンサルの面接においては、伝える内容はもちろん、その伝え方までが評価の対象となります。

コンサル転職の面接は、コンサルの業務とリンクしていることを意識し、表現の技法についても慣れておきましょう。

面接対策

基本的な注意点ですが、遅刻厳禁はもちろんのこと、対面での面接の場合、面接会場には15~20分前には到着し、受付は5分前に行えるよう時間調整をします。

会場によっては、入館受付に行列ができたり、エレベーターが満員ですぐに乗れなかったりと、現地到着後、会場入りするだけで思わぬ時間がかかる場合もあります。

ビルの受付とオフィスの受付が別にあったり、それぞれで名刺を提出する必要があったり等、会場により手続きはさまざまですので、事前に入館方法を把握しておきましょう。

遅刻は、時間管理能力のなさを露呈することになるので大きい減点になりますが、万が一遅刻する場合も想定して、当日の緊急連絡先を把握しておき、遅刻が判明した時点で企業に連絡し、「謝罪」と「到着見込み時間」を必ず伝えます。

事故や公共交通機関の都合等により遅刻することもありえます。エージェントを介している場合、緊急時にどうすればよいかについて、エージェントと事前に擦り合わせしておきましょう。

コロナ禍以降、特に増えてきたWeb面接の場合、対面に比べてお互いの話の伝わり方が分かりづらく、カメラ位置の都合でお互いの視線が合わない等、対面の面接にはないような状況でのコミュニケーションが求められます。

身振り手振りを意識的に大きめに行ったり、マイクで音割れしないようなスピード・口調で話す等、Web面接ならではの振る舞い方が必要です。

業務においても、クライアントやメンバーとのミーティングをWebで行う機会が増えています。

Web面接におけるコミュニケーションスキルも、今やコンサルには必須と考えて、準備を行いましょう。

面接対策

コンサルティングファームの面接でよく聞かれる質問と、その回答のポイントについて解説します。

大事なのは、漫然と回答するのではなく、「質問の意図」を的確に先読みし、質問の意図に当てるように回答することです。

職務経歴書の「職務概要」を元に、面接官に「質問してほしい」「回答することでアピールしたい」という内容を盛り込んで組み立てます。

過去に経験してきた業務内容を挙げるだけではなく、仕事を通じて、どのようなスキルを培い、何を学んだのかをアピールします。

何らかの成果を出せたにせよ、あるいは失敗したにせよ、そこから得られた学びや成長が、面接官の知りたいポイントです。

現職に関するネガティブな話ではなく、「やりたいことがあるから転職する」というロジックで、ポジティブに答えます。

転職活動の軸や他の選考中の企業についての質問でも、志望動機に一貫した合理性があるか、企業について徹底的にリサーチしているか(志望動機と志望先の整合性が取れているか)を見られます。

志望動機をいくつか掛け合わせることで、「その志望動機なら他社でもいいのでは?」と疑問を抱かれる余地をなくしましょう。

将来的にやりたいことや、入社後にチャレンジしたいことなど、長期的な展望をきかれます。

質問の意図としては、求職者のやりたいことや理想を自社で実現できるかどうかを判断して、ミスマッチや離職を抑止することです。

他にも、入社条件や人事に関する確認事項、グローバル性、協調性、対人関係の構築力、創造性、体力(ストレス耐性)、プロフェッショナルマインド、交渉力、ブランク期間の理由などがよく出てくる質問です。

質問の形はさまざまですが、その質問の意図は何かを先読みして、その意図を意識した回答を心がけましょう。

書類選考時に提出した書類からでも分かることを、あえて形を変えて質問してきているという点に着目してください。

どのような質問であれ、自分のありのままを伝えるだけではなく、このような経験からクライアントに貢献できる、利益をもたらせるという、クライアントファーストの思考をすることが重要です。

自分が参画することによって、クライアントやコンサルティングファームの利益につながるというポジティブな見通しをしっかり伝えていきましょう。

面接対策

面接の最後には、「逆質問」が設けられていることが大半です。

事前に質問を準備しておかないと、志望度が低いのではないかと疑われることになります。

逆質問は純粋に興味本位で聞きたいことを聞くのではなく、コンサル業界や職業に対する本質的な問題意識があることを示したり、外から見た華やかな印象だけで志望している訳ではなく、コンサルティングという業務を正確に理解していることを示すために、戦略的に行うものです。

逆に、いちばん避けなければいけないのは、コンサルという職業に対して理解が不足している、思い違いをしているという印象を、面接官に与えてしまうことです。

逆質問を設計する際は、コンサルティングファームについて綿密にリサーチした上で、下記の観点で設計してみましょう。

・コンサルティングファームに入社後、自分の取り組みや貢献が、応募先企業にマッチしそうかどうか
・たとえば他の企業からも複数内定を得た場合、どのような材料があればこの応募先企業への入社を決断できるか

質問対策で検討した自分の志望動機・転職理由・キャリアビジョンと、応募先企業が求める要件が合致できるポイントを探すような逆質問をすることで、面接官にも、この人なら入社後に長く活躍してくれそうだという印象を与え、具体的かつ強い志望度を訴求することができます。

まとめ

コンサル転職の面接は、自分自身のありのままの姿をありのままの伝え方で主観的に伝えるわけではありません。

客観的に見て合理性のある根拠で肉付けして、自分自身について説明し、コンサルティングファームやクライアントに貢献できる人材であると証明することを心がけましょう。

転職・独立のご相談は無料です

会員登録すると、コンサルタントの転職相談、
コンサル業界情報等を無料で受けることができます。

ハイパフォキャリアの「キャリア相談」は、他とは違います!

コンサル会社への転職だけでなく、フリーランスへの転身、事業会社への役員就任など幅広くご提案することができます。
コンサルタントの転職相談・コーディネーターコメント