ポジションによって大きく違う給与・年収

企業の経営や課題解決のために活躍するコンサルタント。近年では日本でもコンサルタントやコンサルティングファーム(コンサルティングを提供する企業)の需要は高まっています。コンサルタントは企業の課題を解決するために、様々な分野の知識や長期的な視点などが求められる職種です。

そのために給料も高いものだというイメージがあると思います。コンサルタントの役割(役職)としては、アナリスト、コンサルタント、マネジャー、パートナーという階層があり、それぞれに応じて報酬が大きく異なります。新卒として入社したコンサルタントは、アナリストとしてスタートし、ポジションを上げていきます。

そして、コンサルタントの評価は成果主義と言われますが、プロジェクトごとに進められる業務において評価がされていき、それによってポジション評価もされていきます。これに応じて、報酬が決まることになります。また、基本的にコンサルタントの報酬は「年棒制」が採用されています。

一般的なコンサルティングファームの給与・年収

  • ● アナリスト:年収 450万円~600万円
  • ● コンサルタント:年収 600万円~1,000万円
  • ● マネジャー:年収 1,000万円~2,000万円
  • ● パートナー:年収 2,000万円以上

コンサルティングファームには総合的なものから専門的な課題を解決するファームまで様々ですので、ファームによっても評価体系、報酬体系が異なるので個別にみていく必要があります。

国内系コンサルティングファームの給与・年収

おおよそコンサルタントの平均年収は700万前後と言われておりますが、上述したようにポジションによって大きく異なり、3,000万円以上の年収を得ることができるポジションもあります。
以下、株式公開している日系コンサルティングファーム大手の平均年収例を記載します。

  • ● 野村総合研究所:平均年収 1,200万円
  • ● 三菱総合研究所:平均年収 990万円
  • ● ドリームインキュベータ:平均年収 1,150万円
  • ● シグマクシス:平均年収 1,160万円
  • ● リンクアンドモチベーション:平均年収 620万円
※ 当社調べ。コンサルタント職種のみを抽出した平均年収ではないため、あくまで参考としてご覧ください。

外資系コンサルティングファームの給与・年収

年収数億円を稼ぐ外資系コンサルのパートナーも

戦略系コンサルティングファームの最高位のポジション「パートナー(プリンシパル/バイス・プレジデント)」は、共同経営者としての地位ですが、年間1億円以上の報酬を得ることもめずらしくありません。若くしてパートナーになるコンサルタントもおり、上場企業の社長・役員クラスの年収と比べても高い報酬を得ることができます。

反面、共同経営者となるパートナーは、ファームの経営の責任を共同で負うこととなるので、高い報酬の反面、事業リスクも伴います。 経営者としての役割と同時に、ファームの営業としての側面ももち、大型の案件を獲得することも重要な役割です。

外資系コンサルティングファームの報酬レンジ(推定)

戦略系コンサルティングファームにおける報酬レンジはおおよそ以下の通りです。コンサルティングファームは「会社」形式ですらない場合があり(パートナーと呼ばれる個人の集合体のような組織)、また、マッキンゼーやボストン・コンサルティングに代表される外資系ファームは株式公開していないファームが多くあるため報酬を調査するのは難しいところもありますが、業界情報としておおよそ以下の報酬レンジとなっています。ただし、一概には下記報酬レンジにははまらないケースもあり、また、各ファームやアサインされるプロジェクト等によって異なることをご承知おきください。

  • ・アナリスト:年収 500万円~700万円
  • ・アソシエイト:年収 700万円~1,000万円
  • ・マネジャー:年収 1,000万円~3,000万円
  • ・パートナー:年収 3,000万円~数億円
※ 当社調べ。あくまでも目安としてご覧ください。

最新のコンサル業界情報・転職情報を無料提供中!

会員登録すると、最新のコンサルタントの転職情報やコンサルティング業界情報などを受けることが無料でできます。ぜひご登録ください。

転職・独立のご相談は無料です

会員登録すると、コンサルタントの転職・キャリア相談が無料で受けられます。
また、最新のコンサルティング業界情報などを受けることが無料でできます。ぜひご登録ください。