新着記事

スキルアップ
ちゃんと知っておきたい!プロジェクト憲章の意義
プロジェクトが始まると、通例、課題管理や進捗管理といったプロジェクト管理が開始されますが、作成するのを忘れがちになるもの、また、あまり作られないものの一つに「プロジェクト憲章(Project charter)」があります。
特に日系企業のほとんどのプロジェクトでは、プロジェクト憲章が作成されていない、もしくは作成されていたとしても形骸化していることが多いように感じますが、みなさんの現場ではいかがでしょうか。確かにプロジェクト憲章が無くてもプロジェクトは進みますし、別にそれで弊害は無いように思われがちです。今回、どうしてプロジェクト憲章の作成が必要なのかを、あらためて検証したいと思います。
スキルアップ
時間がない人が持ちやすい3つの思い込み ~タスクシフトで時間感覚を正そう!~
毎日「忙しい」「時間がない」と言っていませんか。いつも時間ギリギリで行動し、焦りが生まれてミスを連発し、仕事が長引きプライベートの時間もなくなってしまうということに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。時間を効率的に活用するノウハウについては、皆様も本を読まれたことも多いと思います。今回は、時間を効率的に使うためのノウハウの提供ではなく、あなたの時間が足りなくなる本質的な理由について理解することを目的とします。さあ、その問いについて読み進めていきましょう。
スキルアップ
IT人材のキャリアパスとは? ~その幅広い可能性について~
IoT/AI/Fintech等による技術革新は従来にないスピードで進行しており、これら技術革新は「第4次産業革命」とも表現されています。日本においても当該時技術革新を産業・生活に取り入れることで、「Society5.0」※を世界に先駆けて実現していくことを目指しています。
(※Society5.0:仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(内閣府HPより))

それでは、新たな技術革新により、従来のIT技術は淘汰されていくのでしょうか?
いいえ、日本は技術ありきの経営よりも、お客様目線のサービスありきの経営が根強い傾向がありますし、ドラスティックな技術要素は企業としても設備投資が追いつかないため、新たな技術要素へはゆるやかな変遷となり、当面は従来型IT技術との融合型になると予想されます。
また、従来型のIT技術は既に重要な経営基盤ともなっていることから、従来型IT人材はまだまだ必要とされることでしょう。ここでは、従来型ITのキャリアパスを整理してみようと思います。
スキルアップ
ITコンサルタントになるためには ~必要スキル編~
ITコンサルタントになるために必要なスキルとは?
今、キャリアチェンジやキャリアアップによりITコンサルタントになりたいとお考えの方必見。システムエンジニアやプログラマーをはじめとした、すでにIT業界在籍の方向けにITコンサルタントの仕事内容から有益な資格情報まで、必要スキルをご紹介します。
IT・ビジネス知識
企業の生産性向上の最適な方法とは~人とRPAどちらを選ぶ?~
少子高齢化による労働人口減少および人件費の高騰などにより、近年「生産性向上」に対する取り組みが不可欠となってきています。公益財団法人日本生産性本部の発表によると、OECD加盟諸国の中で日本の労働生産性は35カ国中22位となっており、世界で戦える競争力を強化するためにも「生産性向上」は重要な課題であるといえます。

従来よりも少ない人数で生産力を高めるための手段として、現在RPA(ロボットによる業務自動化:Robotics Process Automation)が注目を集めています。2017年の調査では国内では14.1%の企業が導入済み、6.3%が導入中、19.1%が導入検討中でした。市場規模は2017年度で31億円、2021年度には100億円規模になると予測されています。そこで本記事では「RPA」と「人」を比較しながら 、それぞれのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。
IT・ビジネス知識
グローバル化が日々進む中、日本のビジネスパーソンはいかに“使える英会話力”を磨くか? ~自宅で実践できる英会話習得術の紹介~
グローバル化が日々進む中、ビジネス上で英会話力が必要とされる機会が多々あります。日本での英語教育は、中学校から英語が必須科目であり、高校と合わせて最低6年間は英語を学んでいることになります。この6年間でどれだけ“使える英会話力”が身に付きましたか?TOEICなどの試験対策はしっかりしているので、文法や読解題はある程度できるが、会話となると難しいという意見が多いのではないでしょうか。では、どうやって“使える英会話力”を磨けばいいのでしょうか。

「英会話スクールに通う、外国人と話せる機会を持つ」というのも一つです。ですが、週に一度でも英会話スクールへ通う時間、心、お金の余裕はありますか?今では英会話スクールは数えきれないほどあり、その形態(対面レッスン/オンラインレッスンなど)・対象年齢層ともに多様化しており、どのスクールが自分に合っているのか判断に困ることもあるでしょう。本記事では、なぜ日本人が英会話を苦手とするのかをきちんと理解した上で、簡単に自宅で実践できる英会話習得術についてお話します。地味な方法ですが、継続は力なりです!
IT・ビジネス知識
仮想通貨だけではないブロックチェーンの最新活用事例とは?
2017年に大きく注目された仮想通貨にブロックチェーンという技術が使われています。もともと、「金融」と「テクノロジー」の融合である「フィンテック」の分野の最先端であった仮想通貨ですが、この仮想通貨とは実はブロックチェーンが生み出した副産物といってもよいものでした。ブロックチェーンは、これからのビジネスにどのような影響を与える技術なのでしょうか。今回はブロックチェーンの注目点についてまとめてみました。
スキルアップ
IT人材が『仕事の壁』を乗り越える必要条件とは? ~その答えはマインドセットにあった~
IoT/AI/VR・AR/FinTechを代表とする“ITの進化”により、ビジネス環境変化のスピードを実感する機会が増々増える現在、その環境を支えている(もしくは加速させていると言ったほうが良いかもしれません)IT企業に数年間働いた方、もしくはフリーランスとしてITの仕事に就いている方で、“『仕事の壁』にぶつかったことが無い”と言える人はどれぐらいいるでしょうか。

では、その壁を乗り越えるための必要条件とは何か?一緒に考えてみませんか?
IT・ビジネス知識
働き方改革ってどうすれば良いの? ~失敗の原因と成功の秘訣~
働き方改革が叫ばれて久しいですが、皆様の会社や現場は働き方改革はどのような状況でしょうか?

ニュースで紹介されている企業の中には正に改革を実施して、ある程度の効果が出ている企業もあるようです。
筆者は外資系コンサルティングファームにて様々な業界の企業数十社に対し、業務改善のコンサルティングサービスを提供してきました。当時の現場経験をベースに働き方改革の失敗の原因や成功の秘訣をまとめましたのでご紹介します。
言語・職種
優秀なコンサルタントにかぎって陥る5つのワナ
クライアントの現状分析から課題解決策を提案するコンサルタントは、頭脳明晰、スマートな印象を持ちます。クライアントにとっては、外部から依頼したコンサルタントが、しっかりと仕事を仕上げてくれることは、何よりも、ありがたい存在です。鮮やかな仕事ぶりで、成果を残すコンサルタントは、キャリアアップのスピードも速いです。

しかし、ある一定のポジションになると、従来までのスキルだけでは、立ち行かなくなり、いわゆる“Up or Out“の選択をしてしまいます。一生懸命、アウトプットを出し、向上心を持って業務に積極的に取り組んでいるのにもかかわらず、いつの間にか、孤立無援の状態になっている場合があります。

それは、どうしてなのでしょうか?
筆者は、8年間外資系コンサルタント会社とフリーランス契約をして、戦略、IT、プロジェクトマネジメントコンサルタントと共に業務をしてきました。その経験を通して、優秀なコンサルタントにかぎって、陥りがちなワナがあることに気がつきました。それをいくつか挙げてみましょう。