ベンチャーキャピタル(VC)とは、将来が見込めるスタートアップ企業やベンチャー企業などの未上場企業に対して出資・投資を行う機関で、出資先の企業が上場した際などに、株式を売却するなどして利益を得ます。銀行による「融資」に対し、VCは「融資」ではなく将来を見込んだ「出資」であるため、資金を返済する必要はなく、株式の売却による資金回収となります。ただ、投資先企業が成長せず上場しなかった場合などには、資金回収ができなくなります。そのような事態を避けるため、VCは投資先企業の成長支援として経営助言や企業価値向上につながる活動なども行います。

転職・独立のご相談は無料です

会員登録すると、コンサルタントの転職・キャリア相談が無料で受けられます。
また、最新のコンサルティング業界情報などを受けることが無料でできます。ぜひご登録ください。