ロジック・ツリーとは、問題を細分化し論理的にツリーの枝分かれ上に分解し並べてていく方法で、問題の原因解明や解決策を考えるために用いられます。ロジック・ツリーを作成するメリットは大きく分けて5つあり、「問題を発見できる」「問題の原因を特定できる」「問題の解決策を考えやすくなる」「対策の優先順位をつけやすくなる」「対策の必要性を共有しやすくなる」ことです。また、ロジック・ツリーは目的に応じて「Whatツリー」「Whyツリー」「Howツリー」「KPIツリー」の4つのタイプがあります。いずれにおいても、漏れなくダブりなく(MECE)要素を記載することがロジック・ツリーを作成する際のポイントとなります。

転職・独立のご相談は無料です

会員登録すると、コンサルタントの転職・キャリア相談が無料で受けられます。
また、最新のコンサルティング業界情報などを受けることが無料でできます。ぜひご登録ください。