IT資産評価は、「IT投資管理」とも呼ばれ、企業のIT投資において、投資額に対し見合った成果物・効果がでているかなど、妥当性を評価することを指します。評価方法は主に2種類あり、個々のIT投資の効果を測る「IT投資評価」と、全てのIT投資を一元的に把握し見直す「IT投資ポートフォリオ管理」となります。IT資産評価の目的は、経営者や株主などに対し「投資額が妥当であるか」の判断材料を提供することであり、IT技術の革新スピードに沿った定期的な見直しが求められます。

転職・独立のご相談は無料です

会員登録すると、コンサルタントの転職・キャリア相談が無料で受けられます。
また、最新のコンサルティング業界情報などを受けることが無料でできます。ぜひご登録ください。