仮説思考とは、証明はまだしていないが現時点で最も妥当だと考えられる仮の結論を導き出す思考法のことです。ある問題解決において、限られた情報から問題の本質をイメージし、そのイメージに基づいて仮説を立て、実行、検証、改善を行うことで、限られた時間内で効率的に問題解決を進めていくことが可能になります。身近な仮説思考の一例として「雨の日の通勤」があります。ここでの仮設思考は「普段歩いて通勤している人がバスを利用する」「バスを利用する人が増えて混雑する」「混雑の影響で遅延する」という問題が想定されるため、「雨の日は家を早めにでる」という仮の結論を導き出すことができます。

転職・独立のご相談は無料です

会員登録すると、コンサルタントの転職・キャリア相談が無料で受けられます。
また、最新のコンサルティング業界情報などを受けることが無料でできます。ぜひご登録ください。