GABとは、Graduate Aptitude Battery(グラデュエートアプティチュードバッテリー)の略語であり、SHL社が提供する「総合適性テスト」です。SPI同様、多くの企業にて「総合的性診断テスト」として採用されており、「言語」「計数」といった総合的な問題と性格診断で構成されています。テスト形式には、筆記とwebの2種があり、問題数や制限時間に違いがあります。幅広い分野から出題されるSPIに比べ、GABでは長文や図表の読み取りなどが多く出題される傾向にあり、企業の求める人材像によって採用されるテストは異なります。

転職・独立のご相談は無料です

会員登録すると、コンサルタントの転職・キャリア相談が無料で受けられます。
また、最新のコンサルティング業界情報などを受けることが無料でできます。ぜひご登録ください。