キャパシティとは英語の「capacity」のカタカナ表記で、許容範囲という意味があります。日常でもよく使われる表現ではありますが、ビジネスでは「個人の対応できる、処理できる業務範囲」「イベント会場などの収容可能定員数」などを示す際に使われることが多いです。この派生として、キャパシティの限界を超えてしまうことを「キャパオーバー」といいます。

転職・独立のご相談は無料です

会員登録すると、コンサルタントの転職・キャリア相談が無料で受けられます。
また、最新のコンサルティング業界情報などを受けることが無料でできます。ぜひご登録ください。