金融ビッグバンとは、1986年にイギリスで実施された「金融制度改革(証券市場改革)」を指し、日本では「日本版金融ビッグバン」と呼称され、証券だけでなく銀行や保険分野も対象としています。従来の金融取引では、市場競争が制限されていたことで、金融機関や証券会社の経営の非効率化や取引効率の悪化が問題視されていたため、金融規制の緩和により金融システムの効率化、健全化を図る金融ビッグバンという動きが起きました。金融ビッグバンは「自由な市場」「公平な市場」「国際的な市場」を目的として従来の金融取引における規制を見直し、一般企業や個人が自由に国内外の資本の取引を可能にし、国際競争力を強化しました。

転職・独立のご相談は無料です

会員登録すると、コンサルタントの転職・キャリア相談が無料で受けられます。
また、最新のコンサルティング業界情報などを受けることが無料でできます。ぜひご登録ください。