係争分析とは、ビジネス上で不正行為や訴訟が発生した場合や追跡調査が必要になった場合などに行う事実分析を指します。昨今のグローバル化に伴い、日本企業が当事者となる訴訟の事案が増えてきています。このような事案は複雑なものが多く、適切な証拠の収集、多角的な分析、明確なロジックによる説得性、合理的な解決が求められるため、専門とするコンサルファームに依頼する例も増えています。

転職・独立のご相談は無料です

会員登録すると、コンサルタントの転職・キャリア相談が無料で受けられます。
また、最新のコンサルティング業界情報などを受けることが無料でできます。ぜひご登録ください。